作品のダウンロードはコチラ

めくるめくセクシープロレスファイト!!

個性際立つ女子レスラー達が、リングの上で組んずほぐれつ闘い合う!!
女の武器を駆使して女の弱点を突け!!
どちらが「女」として上なのか、互いのプライドを賭けた超絶バトル!!

抗争激化!! 華麗、妖艶、猛烈、過激なセクシープロレス!!

女性だからできる魅せ方で繰り広げられる、自らのプライドを賭けたセクシーバトルが展開されるのがこの『女子プロレスプライド』!! 「脱ぐ・絡むだけがエロスじゃない!!」の考えのもと、屈辱的な格好をさせたり、格差を知らしめたり、相手のプライドをいかに打ち砕くかに重点を置いた闘いが見られるぞ! 今回は抗争が過激化するプロレス団体の激突! お姉様vsロリ系美少女の対決は、終盤になるに連れヒートアップ! 小悪魔系メスガキモードの皆月を前に、年上お姉様・藤木のプライドは保てるのか!?

藤木紗英
鍛え抜かれたフィジカルを武器に
立ちはだかる実力派ファイター!!

皆月ひかる
豊富な経験と高い技術力で試合をコントロールする技巧派ファイター!!

団体として、個人として戦い抜く!!
プロレス技とセクシー攻撃の乱舞!!

引用:ABV



試合開始
藤木:それで本気出してるの?
皆月:これからだって!


藤木:あれ?うそでしょ?あれ?


藤木:もう端っこまで来ちゃったよ?


コーナーにて首絞め


そのまま吊り上げ




コーナーからリング中央へ投げ



後ろからボディシザース
藤木:最初の勢いはどこ行っちゃったのかなぁ?



皆月:これくらいで調子乗らないでくれる?
藤木:だってさっきから何もしてないわよあなた。


藤木:恥ずかしい格好させちゃおうっかなぁ


藤木:お股ぱっくり割れちゃって
皆月:どこ触ってるの!?


藤木:もっと恥ずかしい格好させてあげる


藤木は皆月を開脚させたまま後ろに倒れ込みます。


藤木:どうしたの?触って欲しいでしょ?しっとりしてきちゃったよ?





2回目



3回目
藤木:恥ずかしい格好させられて喜んじゃってるの?
皆月:違う!


藤木は皆月の股間をすりすりします


藤木:喜んじゃってかわいい~!



皆月を挟んだまま1回転



藤木は挟んでる脚に力をいれ皆月を苦しめます


そして再度反対に回転


藤木:こっちも?
皆月の乳首をコリコリする藤木
藤木:乳首立ってきちゃったよ?


さらに耳舐め


藤木:ほらぁ!
皆月を挟んだまま半回転しまんぐり返しのポーズ


大開脚させられる皆月


皆月の脚を固定させたまま藤木は立ち上がり皆月の股間を撫でまわします。


藤木:しっとりしてきてない?ここ。



皆月の脚をつかみ股裂き



さらに乳首攻め


皆月:触らないでよ!
藤木:何?こっちの方が良かった?
皆月:そっち、もっとダメ!
藤木:もっとしてほしいの?
と次は股間攻め


股間に息を吹きかける藤木


舐め始めます
藤木:すっごいエッチな匂いがする!



藤木:立ちなさい!


コブラツイストしながらの股間攻め


胸揉み



皆月の反撃のエルボー


前後反転し


胸揉み
皆月:すごい汗かいてるけど?
藤木:それは技かけてたから・・!


皆月:じゃあこれは?
股間攻め


皆月:乳首どこかなぁ?
藤木:止めなさい・・・!
皆月:ここカリカリしたらおねぇさんいい声出すんじゃないの?
藤木:出すわけないでしょ、あんたみたいなクソガキに触られたって


皆月:あっそう、じゃぁいいですよ
フェイスバスター



逆エビ


股間攻め



サーフボードストレッチ


背中に乗せた脚をゆさゆさしながら
皆月:おっきいオッパイ揺らしちゃってさぁ!


グランドにてサーフボードストレッチ
皆月:おっきいオッパイみんなにさらしちゃおうよ!


皆月:ギブアップしちゃえば?
藤木:こんなことでギブアップするわけないでしょ!


皆月:じゃあこれは?正直じゃないおねぇさんはもっと苦しんでください!
藤木:全然苦しくないんだけど・・・!


後ろから胸揉み


皆月:もっといっぱい触ってあげた方がいいのかなぁ?


皆月:分かっちゃった、おねぇさんの弱点!



さらに股間攻め


皆月:いいんんだよ、気持ちよくなっても!
藤木:気持ちいわけないじゃない、こんなこと


マウント状態になり首絞め
皆月:おねぇさんこういうのも好きそう!



皆月:これは?


皆月:ほら舌だしてぇ。すっごい美味しい


押しのける藤木



藤木:触って欲しかったんだよね、本当は。早く交代してほしかったんでしょ?


チョーク攻撃
藤木:もしかして失神プレイとか好きだったりするの?


藤木:かわいい顔が歪んてる!


皆月の反撃のチョーク攻撃


藤木:全然苦しくないわよ?



藤木:ほら!


キャメルクラッチ



藤木に脚をつかまれ


藤木:オマンコが目の前にあった!こっちも触って欲しくて待ってたんでしょ!


②へ続きます


作品のダウンロードはコチラ